人生の豊穣を心ゆくまで味わう為の北欧リゾート エストニア

プロジェクトの概要

カドリナリゾートプロジェクトは、構想5年、開発計画の申請から認可まで3年を要したビックプロジェクトです。
エストニア北部バルト海沿岸のラヘマー国立公園に隣接するカドリナ地区に、171万㎡の広大な土地を確保、ゴルフコース、高級別荘地、スパホテル、リゾートマンション、ショッピングモールなどを配した一大高級リゾートを建設するものです。
2010年6月、エストニア ラーネビルマー郡当局より開発計画についての最終認可が下り、計画の着手に掛かっています。

新たな観光スポット

2010年、カドリナからほど近い港にフィンランドからのフェリー便が就航、この地域を訪れるフィンランド人が増えています。
こうした観光需要に支えられ、手つかずの自然が残るこの地域はエストニアの新たな観光スポットとして注目を浴びています。

首都タリンから好アクセス

エストニアの首都タリンは世界遺産に指定された町で、ヨーロッパはもとより世界中から観光客が訪れています。
そのタリンから車で50分程のところにカドリナはあります。タリン国際空港からは、ヨーロッパ各都市へ思い立った時に飛び立つことができます。

便利でクオリティの高いリゾートライフ

車で10分程走るとラクベラ市があります。そこには大型ショッピングセンター、素敵なレストランやパブ、ハイセンスな美容サロンもあり、リゾート生活に欠かせない環境を作り出しています。

カドリナリゾートの全体イラスト

開発コンセプト

人と自然

環境破壊の進むこの地球、自然との暮らしを実感できる場所は次第に限られて来ています。自然の中での人間の生活の場が求められています。自然と人間との共生を目指します。

アジアとエストニア

アジア、取り分け島国の日本とエストニアは、共に四季の豊かな国です。プロジェクトを通じ、両国の交流、親睦を深めることを目指します。

文化・健康・スポーツ

エストニアの人達にとってアジアは遠い異国、それだけに関心も高いようです。アート、健康法、武道などを通して東洋の文化を知ってもらうことを目指します。

プロジェクト一覧

ボヒニャ高級分譲地

30haの広大な敷地に147区画、1区画平均2400㎡の高級リゾート分譲地を販売します。
カドリナゴルフクラブ(建設予定)に隣接し、将来はインフォメーションセンターには日本語で対応するスタッフがサポートします。ロングステイばかりでなく、定住型の拠点としても活用できます。

カドリナゴルフクラブ

86haの敷地に、18ホール、全長7,000ヤードのゴルフコースの建設を予定しています。

ボヒニャリゾートレジデンス

2/3階建てのリゾートレジデンス。
キッチン、ベッド、シャワーなどを備えた滞在型アパートで、今後建設を予定しています

ボヒニャショッピングモール

アートと健康をテーマにしたショッピングモールの建設を予定しています。
では、レストランやカフェも併設し、東西のアート、工芸品、健康・治療法などを紹介する予定です。

ボヒニャショッピングモール

※写真・イラストなど一部イメージで使用しております。