人生の豊穣を心ゆくまで味わう為の北欧リゾート エストニア

エストニアの不動産

北欧のロングステイ

ロングステイの楽しみ方は様々ですが、エストニアは自然環境の良さ、生活の安全面、物価の安さなどから、ヨーロッパで最も適した国の一つといえます。北欧と西欧、そしてロシアの文化を融合した高い芸術性は住む人を魅了します。 言葉も英語が通じ、外国人にとって快適な環境が整っています。

エストニアにおける不動産動向

近年、リーマンショックの影響で不動産市場は低迷していましたが、2011年のユーロ導入と前後して活況を取り戻しつつあります。
特に近隣のフィンランド、スウェーデンからの投資は盛んで、ショッピングセンターなど大型不動産の開発が目立ちます。また、国内の戸建て住宅、サマーハウス(リゾート住居)など需要も堅調です。

当社の取り組み

当社は早くから、エストニアにおける不動産の将来性を予測し対策を実施してきました。その一つがサマーハウス開発プロジェクトの推進です。比較的人口の多いエストニア北部の土地を重点的に取得、開発申請を行ってきました。すでにいくつかの地区では開発許可が下り、販売を開始しています。今後は国内のみならず、スウェーデン、フィンランドなどの需要にも応えていきたいと思います。

販売中の物件

カドリナリゾート<ボヒニャ高級分譲地> (販売中)

カドリナリゾートプロジェクトの核とも言える高級分譲地です。カドリナゴルフクラブに隣接し、平均2400㎡(約720坪)の敷地、総販売戸数147区画。(2010年6月開発許可取得済)


カドリナリゾート<ボヒニャリゾートレジデンス> (準備中)

カドリナリゾートの一角に建設される2/3階建てのリゾートレジデンス。
キッチン、ベッド、シャワーなどを備えた滞在型アパートで、今後建設を予定しています。
(2010年6月開発許可取得)


マフ シーサイドビレッジ(販売中)

カドリナリゾートに近いエストニア東部の中核都市ラクベラから車で25分。バルト海に面した静かな村MAHUにある分譲地。1区画約10,000㎡~約13,000㎡(約3000坪~4000坪)。
(2009年3月開発許可取得済)


ハプサル 商業分譲地(販売中)

エストニア西部の観光都市ハプサルの郊外に位置する商業用地で、レストラン、ショップなどに適しています。[2区画 a)7.688㎡、b)11,399㎡](2004年9月開発許可取得済)住宅地は既に販売済です。


アマ 商業分譲地(販売中)

カドリナリゾートに近い幹線道路に面した丘陵地の一角、レストラン、ショップ等に適しています。
[約1.7ヘクタール]


その他

ご希望・ご予算にあわせて適切な当社物件をご紹介いたします。
お気軽にお問い合わせください。

購入の流れ

※写真・イラストなど一部イメージで使用しております。